ゆかめ線

雑記と日記と ときどき旅行記

7月の生存報告

どうも、くろしおりです。

今回も月例と化した生存報告です。ちゃんと息してますのでご報告させていただきます。

 

先月はこちら↓

287mia.hateblo.jp

あっという間に1カ月経ってしまうものですね。本当に早い。こないだ6月が終わったと思えばもう目の前に8月が。この1カ月なにか成し遂げたことはありますか・・・?って問われても何も答えられません。ただ寝て起きて予定があれば家を空けてどこかに行くといった生活が続いていた気がします。もちろん呼吸困難の方へも通いつつ。

何も意識しないで1日を終えてしまうのもなんか勿体ない。今の時間は今しかないのに、それが過ぎるのをただ眺めているだけというのも、見る人から見ればご立腹ものだと思います。

とはいえまぁ特にバイトがある日なんかは殆どそれだけで1日が終わるようなもんですし、もともと体力がある方でもないので、どうしても横になってダラダラしがち。その積み重ねがこの結果でしょう。とりあえず何も生産的な活動をしないままこの先を過ごすのは心にも良くなさそうなので、まぁちまちまと動画に関するあれやこれやを毎日、少しづつでも確実にこなしていきたいなぁとは思います。継続大事。

 

今後の所信表明的なものはさておき、7月は非常に「山梨」な1カ月でありました。「週末は山梨にいます。」山梨ディスティネーションキャンペーンのキャッチコピーよろしく、2週間連続で山梨を訪れることに。ワケあって県内の地名を聞く機会も多い山梨県でしたが、複数日単位でじっくりと巡るのは今回が初めてだったりします。

 

f:id:mia283s:20180727170122j:plain

旅の始まりは夜を迎えた渋谷区千駄ヶ谷某所から。新宿と名乗ってますけど渋谷区内なんですよね。代々木ですらない。

この日は折しも西日本豪雨が猛威を振るった夜で、主に西日本地域へ向かう夜行便は軒並み運休という様相を呈しておりました。もしかすると中央道方面も危ういか・・・?と危惧しましたが、こちらは至って平常通りの様で、予定通りのバスで出発することが出来ました。

 

f:id:mia283s:20180727170447j:plain

f:id:mia283s:20180727170513j:plain

乗車したのは新宿21:25発の甲府ゆき中央高速バス。富士急山梨バスの運行につき、甲府駅から同社の上阿原車庫というところまで運行される便です。都合のいいことに、その上阿原車庫の目の前に快活CLUB「甲府上阿原店」がありまして、こちらが今晩のセーブポイントとなりました。

 

f:id:mia283s:20180727170729j:plain

上阿原で夜を明かした次の朝、甲府駅まで1時間ほど歩きます。入道雲の動向が気になるところですが、どうにか雨に降られることなく移動することが出来ました。

にしても画像中央に映ってる雲の雰囲気がちょっとおどろおどろしいですね。ラピュタにでてくる天空の城に突入するときの雲を思い出しました。今では何とも思いませんけど、幼い頃にあのシーンを見た時は怖く感じ取ったのか、しばらくトラウマになってました。にしてもあの雲はどういうメカニズムでああなってるんでしょう。

 

f:id:mia283s:20180727171106j:plain

5:30ごろの甲府駅前。セレオがあるとどことなく多摩感が・・・?

道中、前を通りかかった県会議事堂の入口に猫が2匹寝転がっていたのが印象深かった。

 

f:id:mia283s:20180727171456j:plain

甲府駅5:50発の路線バスで富士山駅へ南下。甲府駅から石和温泉、御坂(みさか)三つ峠を越えて富士河口湖町に至る路線バスで、片道は1時間ほど。御坂の辺りから乱立する果樹園を横目に見つつ、扇状地を駆け上がるように勾配が続き、奥にある三つ峠の新御坂トンネルを越えると晴れて富士五湖エリアです。にしても本当にぶどう園をはじめとした果樹園が多いんですね。

 

f:id:mia283s:20180727171955j:plain

富士山駅からは電車「富士急行線」で河口湖駅へ。205系に揺られて三浦さんとチアリさんの放送が流れて・・・と雰囲気は完全にJR東日本

 

f:id:mia283s:20180727172205j:plain

河口湖駅前で某イベント参加者各位と合流しつつバス撮影。タクシー乗り場近くにある構造物から自動放送が流れるみたいです。言われてみればここから羽田・成田、御殿場、三島、新宿、東京、そして今朝やってきた甲府をはじめとして各地に路線が繋がってる一大ターミナルですから、自動放送くらいあってもおかしくないでしょう。

 

f:id:mia283s:20180727172733j:plain

そして当日のメインイベントに参加して、再び河口湖に舞い戻り、新宿行きのバスで帰京しました。この辺りはTwitterにて詳細(詳しいとは言ってない)がありますのでそちらをご参照ください。当日ご一緒させていただいた皆様、改めてありがとうございました。

 

 

f:id:mia283s:20180727172941j:plain

そして翌週末も新宿から山梨へ向かう事となります。今回は朝の出発、フォロワーの方2名で一路身延へご一緒させていただきました。

 

f:id:mia283s:20180727173116j:plain

先週と変わって天候に恵まれました。日中の中央道を走るのは富山道中以来です。個人的に勝沼あたりでいっきに甲府盆地が開けるこの車窓が好きだったりします。もっと天気がいいときは奥に南アルプスの山々を拝むこともできます。

 

f:id:mia283s:20180727173405j:plain

中央道を走る多くの高速バスが双葉SAで開放休憩を行うのに対し、この身延ゆきと木曽福島ゆきに限ってはもう少し手前にある釈迦堂PAでの休憩となります。さすがに朝の下りは京王ばかりですね。

 

f:id:mia283s:20180727173649j:plain

甲府昭和ICを降りた後は中部横断道をくぐり、これと並行するように県道や国道をひたすら南下。遠くに山々を見据えながら、平野部が続きます。

中部横断道は長野県の佐久小諸JCTから静岡県は新清水JCTまで至る路線で、現在でも各地で建設が続けられてたり続けられてなかったりしますが、地図を見る限り、どうみても「縦断」してますよね...? 似た名前の道路に「中部縦貫道(松本~福井)」なんてのもあってこれまたややこしい。

 

f:id:mia283s:20180727173940j:plain

鰍沢の辺りから平野が終わり、富士川沿いを進むこととなります。画像は鰍沢付近の風景ですが、こんな感じで道の脇から多くの参拝道が伸びていたのが非常に印象深かったです。落語に「鰍沢」という演目があるみたいですね。

 

f:id:mia283s:20180727175200j:plain

富士川沿いの集落を経由しつつ、終着となる身延の町が近づいてきたところで川と別れを告げ、バスは山へと続く一本道へ分け入ります。この先にあるのが身延山です。

 

f:id:mia283s:20180727174921j:plain

身延山。ここには日蓮宗の総本山である久遠寺が建立されています。お寺目当てで訪れる方がいるのはもちろんのこと(私たちもそう)、登山を目的としてやってくる人も少なくないみたいです。私たちは前者なので普通に本堂でもチラ見するか~といった感覚だったのですが・・・

 

f:id:mia283s:20180727175636j:plain

めちゃくちゃ長い階段が立ちはだかっていました。全くもってゆる△くない。

 

f:id:mia283s:20180727175940j:plain

まぁ本堂を見たいので登るしかありません。登りました。めちゃくちゃ身体に響きました。何段あるんだこれ。

ちなみに階段を迂回する形でスロープ状の道も用意されています。

 

f:id:mia283s:20180727180059j:plain

f:id:mia283s:20180727180120j:plain

f:id:mia283s:20180727180136j:plain

登った先の景色はまぁ立派なものでした。こんな高い所にあんな大きな建物を建築する労力たるやいかほどに。

 

f:id:mia283s:20180727180320j:plain

久遠寺を後にしてバス停へと戻り、身延駅に行くバスに乗車します。バステイ合作でみた。

 

f:id:mia283s:20180727180455j:plain

新宿行きの高速バスを見送りつつ

 

身延駅の駅そばをたべつつ

 

f:id:mia283s:20180727180552j:plain

特急課金をして下部温泉に来ました。373すこすこのすこ。

 

f:id:mia283s:20180727180717j:plain

駅舎がやたらシブい。

 

f:id:mia283s:20180727180831j:plain

駅前からは富士急山梨バス富士五湖方面へ向かいます。

 

f:id:mia283s:20180727180941j:plain

こちらも先週の甲府~富士山に負けず劣らずの隘路線バスでした。平気でヘアピンカーブが続いてたりして普通にたまげる。

あと、なぜかこのバスに乗ってからコンデジが起動しなくなりました。

 

f:id:mia283s:20180727181138j:plain

峠を越えればもう富士山の裾野です。きれいな湖が広がっていてエモ~い。

 

f:id:mia283s:20180727181245j:plain

青木ヶ原樹海の脇も通っていたみたいです。樹海というだけあって、森林とはことなる植生があるような気がします。

 

f:id:mia283s:20180727181416j:plain

1時間強で河口湖駅に到着。ここで昼食として吉田うどんを頂きつつ同行者と今後の動向を協議することに。

吉田うどんは野菜が入っていて、豚汁のうどん版を食べているような雰囲気でした。この年で言うのもアレですが、野菜が得意でない自分でもおいしく頂けたのでおいしいのだと思います。

 

f:id:mia283s:20180727181700j:plain

f:id:mia283s:20180727181737j:plain

f:id:mia283s:20180727181804j:plain

河口湖駅での協議の結果、移動手段を変ることとなり、この後は富士山の五合目まで登ってみたり、南に抜けて長泉のさわやかでげんこつハンバーグを頂くなどしました。あとでフォルダ見返してこの辺りの写真を全然撮ってないことに気づく。まぁ真っ暗だったししょうがないよね。

ご一緒させていただいたフォロワーお二方、ありがとうございました。

 

 

f:id:mia283s:20180727182309j:plain

そしてその翌週、7月14日は「新宿TDL線」でデビューを果たしたJRバス関東のアストロメガに乗車しておりました。三連休初日の午前中、リア充な観光客をよそ目にバスしかみてないオタクと化してました。

ほんとうは入園できる側の人間でいたかったですが、今年の夏もおあいにくさまみたいですね。夢の国で夢を見るか、ドリーム号で夢を見るかと選択を迫られたら後者にちょっと寄ってしまうのがオタクの性でしょうか。

 

JRバスが外車というとアレがアレして云々みたいで色々あるみたいですが、とうとうこうして導入されるに至りましたし、京阪神方面の夜行で使われるようになるのか、他のJRバスではどうなるのかなどなど、今後の動向が気になるばかりです。

 

 

今回はこんな感じです。もう8月も目の前ですが熱中症にはくれぐれもご注意を。

最後までお読みいただきありがとうございました。