ゆかめ線

雑記と日記と ときどき旅行記

Z50なら小型スタビライザーでもなんとかなるんじゃない?

 

備忘録です

 

 

呟きっぱなしで放置するのも勿体ないので、調べることにしました。

前置きが冗長なのでさっさと本題に入りたい方は以下「本題」をクリック

 

  

 

前置き

 

こないだNikonの広角レンズ(10-20mm)を買いまして、いつかは電動スタビライザーとかと抱き合わせていい感じの映像を撮ってみたいなという欲求をぐつぐつ煮込んでいたりするのですが、、

今持ってるD7500にスタビライザーを装着するとなれば、結構な総重量なってしまうんですよね。

 

加えて、ズームレンズ(18-200mm)を元々所持していまして、

機材1つに対して交換レンズ2本となると、出先の撮影では、シチュエーションに応じてカメラを付け替える必要が生まれます。

しかしレンズの付け替えはリスクの伴う行為で、カメラやレンズの重要部分にごみを巻き込んでしまう恐れがあるほか、何かの拍子で手に持ったレンズを落下させてしまう可能性があります。これは避けなければなりません。となるとどうなるか、

 

サブ機が欲しいな」となるわけです。

レンズ2本に対してカメラも2つあれば、レンズを付け替える必要がありません。また一方は動画撮影、一方は写真撮影といった器用な取材を旅先で展開することができます。安全で便利。

 

そこで候補に挙がったのが「Z50」というNikonのミラーレスカメラ。

 

私にとって嬉しいポイントは3点

・小型で軽量(約450g)(D7500の約0.6倍?)

・D7500とスペック差異が小さい(機材の違いによる画像のバラつきが生まれない)

・シャッター音を鳴らさず撮れる(シャッターを切りまくっても煩くないメリット)

 

近頃の旅行で、個人的に何かと不便に感じていたところを全て解決してくれるのがこのカメラなんですね。機動性の高さは旅先で重宝します。

あとシャッター音を鳴らさずにとれる「サイレント撮影」ってモードも嬉しくて、

今まで車内から車窓を撮るときとかで、シャッターを切りまくるとパシャパシャ言って周りの人の顰蹙を買うんではないかと危惧していて、サイレント撮影ならそういったヒリつきもある程度低減できるように思うのです。

 

 

よし!これからの旅行では、お立ち台で本腰を入れて撮るときはD7500を構えて、スナップ程度に道中の風景を収めたり、広角レンズとスタビライザーを抱き合わせてそれっぽい画を撮るときはZ50を使っていこう、、

 

 

・・・そういった機材の展開を考えていたんですけど、バカ正直にすべての機材をそろえていては、当然お財布が持たないわけです。

 

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

これらを欲しいものリストに突っ込んでいても、わざわざ買って送ってくれるようなぐう聖はこの世には存在しない(当たりまえ体操)ので、まぁ自力で節約して調達しなさいねとなります。

 

そこで我々が目を付けたのが、Z50が軽量であるという点

 

ここでスタビライザーに話を移しますが、スタビライザーにも色々と種類があって、

「一眼レフなど重量級機材にも対応できるやつ」「ミラーレスカメラなど比較的軽量なもの向け」スマホコンデジ専門のやつ」といった具合に分けることができ、値段も前者から後者にかけて安くなります。

 

仮にD7500をスタビライザーに抱かせる場合、必要になるのが前者。製品名で言うと「Ronin-S」とかその手のやつです。9万くらいするイメージ。

Z50ならその一段階下の「ミラーレス向け」で対応できるので、ここで値段を抑えることができます。「Ronin-SC」などがそれにあたるらしい。Amazon価格で5万ほど。

 

これならスタビライザーとZ50導入によるカメラ二台体制と、費用圧縮という2つの要望を叶えることができます。やったね。

 

じゃあ、さらに一段階下、コンデジスマホ専門」タイプにZ50は載せられるのか? 仮に載せられるとすればさらに出費を抑えられるんじゃないか? 検証してみましょう

 

 

本題

 

☑ 広角レンズつきZ50は、コンデジ向けスタビライザーに載せることができるのか?

 

メモ

Z50 ボディ重量は「約450g

Nikon 広角レンズ 10-20mm 重量は「約230g

⇒ 総重量「約680g

 

正直な話、スタビライザー業界でどういった商品展開がなされているかはあまり詳しくないので、Amazonで軽く調べて出てきた機材を中心に検証してみます。

個人的備忘録なので、それくらいの温度感で読んでいただければと思います。

 

 

Ronin-SC

www.amazon.co.jp

ペイロード約2000g」 ¥47,000

まずは前書きにも書いたミラーレス対応スタビライザーの「Ronin-SC」から。

ペイロードは余裕クリア。元から持っている高倍率ズーム(約400g)をつけても問題はなさそう。

 

 

MOZA Aircross

www.amazon.co.jp

 ペイロード約1800g」 ¥33,000

こちらもミラーレス向け。Ronin-scと比べ安価ながら、ペイロードはクリアです。

 

 

ZHIYUN-Crane-M2-

www.amazon.co.jp

ペイロード約720g」 ¥33,000

ミラーレス向け。ペイロードはクリアながら、ズームレンズはダメそう。

 

 

Hohem iSteady Multi

www.amazon.co.jp

 ペイロード約400g」 ¥18,000

コンデジ向けスタビライザー。さすがにペイロードはクリアならず。

 

 

FeiyuTech G6 Max

www.amazon.co.jp

 ペイロード約1200g」 ¥36,000

ミラーレスまで載せられるスタビライザー。ペイロードは余裕クリア。

Amazonじゃない別のサイトから買うと¥30,000以下で入手できるっぽいんですけど、実際のところどうなんですかね。

 

 

結論

結論

約680gの重量では、コンデジ向けスタビライザーは厳しい

☑ 重量ギリギリをつくペイロードの機材はそんなにない

☑ 値段的メリットがない

 

めちゃくちゃ雑な着地。ごめんなさい。

 

簡素ながら調べた感じ、例えばペイロードが700gとか、そういうギリギリのラインをつくスタビライザーというのは見当たらなくて、コンデジがいけるやつは概ねミラーレスも載せられるペイロード1000g前後のものが殆どのようです。

それ以下となると、もうアクションカムやスマホ専業でペイロードは全くクリアならず、といったものが多いように感じました。

 

加えて、重量ギリギリのラインをつく製品に「ZHIYUN-Crane-M2-」がありましたが、価格は「MOZA Aircross」と同水準の3万円代。ペイロードの下限に対する旨みがあまり感じられないのが正直なところといった具合です。あまり下を見ず、大人しくミラーレス対応型のスタビライザーを買った方が良いのかもしれません。

 

 

ま、ウン万する出費なんておいそれと出来るわけがないので、実機導入は夢のまた夢ですが・・・

 

 

今回はそんなところでお開きとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。